ビジネスシーンでイノベーションを起こしている経営者たちと、
クリエイティブの世界でイノベーションを起こしてきた宮藤官九郎との異業種対談企画。

今回のゲスト

山口貢
株式会社Arc・pro、プロ・グレス株式会社 代表取締役

山口貢YAMAGUCHI MITSUGU

静岡県三島市出身
大学卒業後、建材メーカーや工務店、大手建設会社、ハウスメーカー、設計事務所で経験を積む
2018年株式会社Arc・pro設立
2020年 消臭・除菌剤「Virus Clo-z」を販売するプロ・グレス株式会社 設立

2021年5月7日(金)

ゲスト山口貢

TBSラジオで放送中の「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど」。パーソナリティは、宮藤官九郎さん。

日本の経済を動かす経営者や団体の代表の方に、哲学や考えを聞きながら、知られざる業界の実情に迫っていく「Innovative Lounge」。

お迎えしたのは、株式会社Arc・pro、プロ・グレス株式会社 代表取締役 山口貢さんです。

宮藤:株式会社Arc・Pro、そしてプロ・グレス株式会社。ふたつ会社があるんですね。両方とも静岡県三島市にあるということで。どんなことをされている会社なんでしょうか?

山口:Arc・Proは建設業ですね。プロ・グレスは環境事業です。消臭・除菌剤の製造・販売をメインにやっている会社です。

宮藤:環境事業。あっ、まさに今コロナ禍でみなさんよく使っている?

山口:そうです。

宮藤:建設業と環境事業。これ全く違う業種ですけど、もともと山口さんは建設業に関わられていたと。

山口:はい。もともとは建設メインでやってたんですが、あるところからそういう環境事業の話がありまして、そこから始めました。自分は当初、大手のアパートメーカーにいたりしたんですが、そこを退職して、設計事務所の手伝いもしました。その間に母親が具合悪くなって、「地元に戻ってこい」と。それで静岡に戻ったはいいですけど、また他の会社に入ってってなるのも嫌だったんです。悩んで、もともと大手のアパートメーカーに知り合いや同僚が多かったので相談したら、「じゃ、建設業許可取ったら仕事出すよ」って話がありまして。

宮藤:じゃ、地元で?

山口:そうです。それでなんとかやりくりしてArc・Proを立ち上げました。特に今は、災害に強い住宅づくりに力を入れています。災害で一番困るのは電気が止まること。電気が自家発電できるようなもの、その自家発電も、プロパンガスを使った発電機を備えてやろうかなっていうのは、今考えています。

宮藤:なるほど。そんな山口さんが去年ブロ・グレスを設立して、消毒剤の製造・販売を手がけるようになったと。これはやっぱりコロナがきっかけだったんですか?

山口:そうですね。コロナが一番のきっかけであり、たまたま知り合いから、エアコンの中に入れるタブレットみたいな二酸化塩素の商品があって「そういうのをやってみないか?」という話がありまして。面白そうなのでいろいろ調べて、私の高校の先輩に「こんなのあるんですけど」って言ったら、「そんなの俺やってるよ」っていうところから始まったんです。

宮藤:へえ。

山口:調べたら、その商品のほうがもっとよかったもんですから。それで、「じゃあ、一緒に先輩やりましょう」ってことで。

宮藤:除菌剤、消臭剤というのは、どういう商品ですか?

山口:物は「亜塩素酸ナトリウム水溶液」で、簡単に言うと二酸化塩素を使った商品になります。二酸化塩素というとわかりづらいと思うんですけど、海外では水道の除菌剤として使われたりというのもあるんですけど。

宮藤:そうなんですか。

山口:ウイルスとかのたんぱく質を破壊して、死滅させる効果もあるもんですから。で、消臭はやっぱり効果があるので。

宮藤:今回、サンプルがあって、スプレーになっているんですね。広いテーブルとかに使うものと、小さいのはハンドタイプなんだ。

山口:そうですね。常にポケットやカバンに入れて、持っていただければ。

宮藤:こういうのって、コロナ禍ですごく増えたじゃないですか。どれを使っていいかがいまひとつわからないんですよね。「置いてあるからそれで」ってやってるけど、全部違うんですよね?

山口:全部違いますね。アルコールもありますけど、アルコールだとアレルギー反応が出たりっていうのがありますよね。他の除菌剤はにおいが結構強かったり、乾いた後もベトベトするっていうのがありまして。うちのは、大量につけすぎるとどうしても塩素系のにおいがしますけど、手にかけるぶんでしたらほぼにおいはしないですね。で、ベタつきもないものですから。

宮藤:そんな、消臭・除菌剤を販売している山口さんだからこそ感じる、強い思いがあるとのことで教えていただけますでしょうか。

山口:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、お客さんが安心して使える除菌剤がもっと増えて欲しいと思います。

宮藤:使う側もあまり知識がないんですよね。「これがよくて、これがよくない」っていうのってわからないです。なんとなくつけてる感じに…。

山口:そうですね。「ウイルスに効く」って簡単にみなさん言うと思うんですけど、ウイルスに実際効いているかって、目に見えるものじゃないからわからないですもんね。

宮藤:難しいですね。

山口:うちの商品はにおいもしないですし、一番わかりやすいのが消臭ですね。例えば、生ゴミとか、ペットを飼っているお宅でしたらおしっこのにおい。気になるところにかけていただければ、ちょっと時間が経てばほぼにおいが消えているっていう、いろいろ使った方からの話がありますので。

宮藤:なるほど。「Virus Clo-z(ウイルス・クローズ)」。ありがとうございました!

アーカイブ